トップページ > ゲーム買取の条件・必要書類

ゲーム買取の条件・必要書類

ゲームを買取ってもらうためには、業者の設定している条件をクリアしなくてはいけません。条件は、都道府県の青少年保護育成条例の適用を受けて設けている年齢制限と、古物営業法の規定により買取取引の際に本人確認のできる身分証明書の提出を求めるもの。そして、業者が営業上の理由やトラブルを防止するために設けているものがあります。

年齢制限は未成年に対するものなので、本来は18歳未満なのですが、最近は20歳未満の買取を拒否している業者やショップが多くなっています。身分証明書の提示は法律で定められているものですから、どの業者・ショップでも条件は同様です。

身分証明書の種類は、運転免許証、パスポート、健康保険証、官公庁及び特殊法人発行の写真付き身分証明書、住民票の記載事項証明書、戸籍抄本または謄本(戸籍の付票の写しが記載されているもの)、印鑑証明書、外国人登録の写し、外国人登録源票の記載事項証明書です。

このうち、住民票、戸籍謄本・抄本、印鑑証明書、外国人登録の写し、外国人登録の記載事項証明書はコピーでは身分証明書として認められていません。提出した書類は、古物営業法の定めに従って業者やショップ側に厳重に保管されることになっています。

その他の条件として、出張買取の可能エリアを設けている場合がほとんどです。出張買取はある程度買取品の数がそろっていないと応じてくれないことがあります。逆に宅配便買取や持ち込み買取の際に、同一商品を多数持ち込んだり、最新製品を大量に持ち込んだ場合に買取を拒否されることもあります。

関連エントリー
ゲームの買取の種類
ゲーム買取の流れ
買取の流れ 2
ゲーム買取の条件・年齢制限
ゲーム買取の条件・必要書類
ショップの種類
高額買取のコツ・持ち込み買取
高額買取のコツ・ネットを活用しよう
高額買取のコツ・上級編
オークションとショップの買取
捨ててしまおうと思っていた本を参考書買取に送ったら、お小遣いになりました。