トップページ > ゲーム買取の条件・年齢制限

ゲーム買取の条件・年齢制限

ほとんどのゲームの買取には条件が伴っています。ひとつは年齢制限です。都道府県では青少年保護育成条例を設けて、青少年が犯罪やトラブルに巻き込まれるのを防ぐために金品の売買や取引に年齢制限を設けています。条例の中に「質受け、買い受けの禁止」という項目があり「何人も、青少年から物品を質に取り、買受け又は質入れ若しくは売却委託を受けてはならない」としてあります。これはゲームの買取にも適応されますから、中古ゲームショップや買取業者は取り引きできる年齢に制限を設けているのです。

ここでいう青少年とは「小学校修学の始期から満18歳に達するまでの者(婚姻により成年に達したものと見なされる者をのぞく)をいう」と提起されています。これにのっとってほとんどのショップや業者は「18歳未満の方は買取できません」という条件を付けています。18歳で婚姻しているのか、していないのか判断ができにくいこともあり、年齢制限を「20歳未満」に引きがあげているところも増えています。

また条例では「保護者が同行する場合においては適用しない」となっている都道府県がほとんどですから、ショップや業者でも「保護者の同意があれば18差未満でも買取OK」となっています。この場合、保護者が同行していなければいけないところと、印鑑を押した同意書があれば大丈夫なところに分かれているようです。ネットで取引を行っている業者の場合は、同意書があっても未成年者との取引は行っていない業者が増えています。

関連エントリー
ゲームの買取の種類
ゲーム買取の流れ
買取の流れ 2
ゲーム買取の条件・年齢制限
ゲーム買取の条件・必要書類
ショップの種類
高額買取のコツ・持ち込み買取
高額買取のコツ・ネットを活用しよう
高額買取のコツ・上級編
オークションとショップの買取